<< 富士チャンピオンレース第3戦 | main | ネッツカップ東北第3戦SUGO 最終戦 >>
ネッツカップ東北第2戦もてぎ レポート
2009ネッツカップ東北シリーズ 第2戦レポート

日時:2009年6月28日(日)
大会名:もてぎチャンピオンカップレース
参加カテゴリー:ネッツカップヴィッツレース
車両:NCP91ヴィッツ
ドライバー:深沢雅文
車名:WEDSアドバンEDヴィッツ

今シーズンは、東北シリーズで開催されるようになったツインリンクもてぎでのレース。
走り慣れたもてぎでポイントをどうにか稼ぎ、シリーズチャンピオンを狙いたいところです。

この車両でもてぎを走るのは初めて。

タイヤ・ブレーキも他のサーキットに比べると厳しいということでテストを重ねました。

エントリー受付の頃、チャンピオン戦が例年通りの富士でのTMSFではなく10月に行われるもてぎチャンピンカップの中で開催されることが発表され、エントリーも45台も集まりました。

今回はワンデイレースですが、金曜入りしました。

どこかで一度ウェットで走れたらいいと思っていましたが、
全く雨が降る気配もなく、予報では日曜日に降るか降らないかといったところ。

金・土とものすごく暑くタイムもあまり出ませんでした。途中エンジンマウントのゴムが切れたり、ロッカーアームが外れてしまったりといったトラブルが出ましたが、幸いなことに大事に至らず日曜日を迎えました。

予選8:25amスタート 気温:23℃ 路面温度:37℃


この日は前日までの暑さと比べて少し気温も下がり過ごしやすくなりました。雨も降る気配はありません。
45台での予選ということで早めの車検を終え、一番前からのコースインを目指しました。



今回は予選が15分しかありません。
一番前からコースイン出来て、アタック開始です。
1、2周でタイヤの状態を確かめ、3周目2分33秒862で
トップタイムをたたき出しました。

4周目もアタックを続けようと思いましたが、後方からの車両に追いついてしまったので、アタックを諦め予選を終了しました。

ネッツカップに参加を始めて以来、初めてのポールポジションです。



予選正式結果 #7 深沢雅文 2分33秒862 1位

決勝12:23PMスタート 気温:22℃ 路面温度:37℃

ポールポジションからのスタートというのは実に気持ちがいいものでした。
アウト側から無難に1コーナーに飛び込んでいきました。

後ろを走る車両は、昨年のチャンピオンでもあり、SUGOではおそらく相手のほうが有利。
そのため、ポイントを計算しながらペースを落として3位の車が前を狙うチャンスを作ってあげたりもしましたが、特に前を狙う様子もなく、レースとしては淡々と過ぎていきました。

結局8周一度も横に並ばれることもなくそのままチェッカーを受けることができました。
今季初勝利、シリーズも1ポイント差ではありますがシリーズランキングもトップとなりました。
このもてぎでのレースに向け、テストを続け、思い描いていた通りの展開を実現することができました。

残すは7月25−26日SUGO GTとなります。

シリーズ争いは#35小山昌子選手(ネッツ仙台)と次戦前に出たほうがシリーズチャンピオンとなります。SUGOでは若干不利ではありますが、経験と作戦でどうにかチャンピオンを狙いたいと思っています。

どうか今後とも応援のほどよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。



決勝正式結果 #7 深沢雅文 優勝
カテゴリ:ネッツカップ | 16:32 | comments(0) | - | -
コメント
コメントする